TOP > スポンサー広告 > title - 少女探偵団 大阪戦争? 福あり! 6-7TOP > 少女探偵団 大阪戦争? 福あり! > title - 少女探偵団 大阪戦争? 福あり! 6-7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

少女探偵団 大阪戦争? 福あり! 6-7

 ぴょっと首を曲げて足の間から出してみせ、すぐ戻る。寝転がったままの理央んがわー凄い、と手を叩く。ヨガのポーズも熟達したがその程度だ。
「神経言語プログラミング《NLP》ならエクセレントサークルに入るのも得意だし、モデリングも上手くなった」
 ぴょぴょん、と地に想定した円の中に入って出る。次に筧を見てからふっと動きを変えた。誰にわからなくても、筧は自分がモデリングされたことに気付き目を剥いた。
「あたし、小学校に入る前からH点の塾に入れられて、気にいらないけどやることは全部やった。でもね、あたし人間性偏差値三十六を越えたことがないんだって!」
「………………」
「三十を切ったこともあるんだから!」
 筧は幽霊に遭った顔で香南を見た。
「これ以上あたしにどーしろってんだよ馬っ鹿野郎っ!!」
 肺が空になるほど精一杯、ドスをきかせて叫んだ。
 風が首元をさらい、分けた髪が軽く揺れる。陽は自分にもこの野郎にも等しく注いでアスファルトに同じように濃い陰を落とす。
「……悪いが君、交通事故に合ったことは?」
「ないけど」
「犯罪の被害者になったことはあるかい?」
「ないわ。今回あんたが雇ったプロフェッショナルに襲われるまではね」
「これは……本当に失礼なんだが……その大人の男の人に変なことをされたりとかはなかったかな?」
「いーえ!」
(大人の男と処理し合ってるけど)
 真執の小さい苦笑いも気にしない。
「お父さんとお母さんは離婚している?」
「いーえ。夫婦の会話ってのはあまりないみたいだけど、別に」
「養子か何かで血がつながってないとか?」
「そんな話聞いたことない!」
 H点加点条項ーこういった事実があると、学校やその他機関のH点試験で補助点が認められる条件ばかりを筧は並べたてた。
(関係あると思ってんの?! 条項に引っかかってたって、ラダきょんみたいなイイ子だっているのに!)
「だいたい領事館には気をつけろって警告するくせに、当の外国人にはなんにも言わないのね。アメリカ人に中国人、韓国人……大阪にもたくさん住んでるでしょ!」
「そういうことは、領事が責任を持ってその国民に伝えればいいと……」
 もごもごと口籠った。
「じゃあ責任を持って日本の議員秘書のあんたが、大阪のどこが危ないのか教えてくれる?」
「大阪は日本じゃない!」
「国籍はありますよね」
 ラーダが口をはさむ。
「それも、将来的には考慮するつもりだった」
「な……」
(ホントにひどい)
 人間性ゼロ点。偏差値三十切りの自分が言うんだから間違いない。
「あんた、せーかくの悪い人間なんて、この世にいなければいいって思ってるんでしょ」
 自分を殺そうとした男の前に、進み出る。
「だったら今すぐあたしを殺しなさいよ!」
「香南ちゃん!」
 真執とラーダの声が重なる。
「人なんか使わずに。ほら、大人の男の人なんだから首ぐらい締められるでしょーが」
 あんたが殺したかったのはあたし。だったら。
 筧の皮肉なほど暖かい手を自分の首に導いた。
「今すぐあたしを殺せってんだよ!!」


 本物の大阪府警のパトカーが到着した時、筧はさっと香南から離れスーツの埃をはたいて背を伸ばした。
「江礼さん、悪ふざけは止めてわたしを解放してください。わたしが皆さんを殺そうとしたなんて何の証拠もないでしょう」
 手元の手錠を振る。
「えー! 今認めたじゃないですかぁ!」
「いつですか?」
「っ……!」
 絶句する真執を横目に香南は言った。
「公務員のフリするのって、確か犯罪になったわよね」
「!」
 筧の顔色が変わる。
「全部サンヴリアちゃんに録ってあります」
 ラーダがノートパソコンを持ち上げて見せた。
「駄目ですよ、壊そうとしましても。同じデータを大阪府警と警視庁に中継で送ってありますから」
「大人のくせにそれも気づいてなかったんだ? やーいやーい!」
 理央んは香南が乗り移ったかのように囃す。府警の刑事に囲まれ本物の手錠に替えらると筧は車に押し込まれる。直前、憎しみを帯びた目で吐いた。
「今頃暗《くらがり》峠は突破されてるぞ」
 刑事たちは一瞬動きを止め、だがすぐパトカーに共々乗り込む。
 香南は、その後も少しの間動けなかった。


 ボディーガードたちが手配した灰色の車に乗り込もうとする。
「真執さ~ん、理央んフルーツパフェ食べた~い」
「……後でな」
「でも、香南ちゃんがいないよ」
 ラーダが焦り顔でうなずいた。



 目次 

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

小説へはこちらから
最新記事
最近の有無那
ボリウッド4のうち3つまでは見ました。あとは「きっとうまくいく」のみ。ついでにインド映画の御大アミダーブ・バッチャン、ハリウッド初出演の「華麗なるギャツビー」も見たいです…(7/9)
有象無象
連載メルマガ
現在連載中のメルマガはありません
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。