TOP > スポンサー広告 > title - 空など飛べないと刑事は言った 11-1TOP > 空など飛べないと刑事は言った > title - 空など飛べないと刑事は言った 11-1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空など飛べないと刑事は言った 11-1

 捜査本部のある署の廊下を歩きながら、山浦警視は考えていた。
 「三月うさぎの試食会」なる集団を一番真っ当に信じ、実行したのは十七歳の「月音」=芳岩幾斗。
 メールの調べから、捜査相談室への怪電話は、小倉笑加の指示で芳岩が実行したとほぼ判明した。当時あの女警視の部署が取り扱っていたのは、あすみちゃん事件だけ。そこへ専務夫人の事件で噂になった真留留組系の「流通産業新聞」を騙って電話を入れたことから、二つの事件が繋がった。
 それがなければー如何にあの非常識な女警視と野郎メイドでもー真相解明には時間がかかっただろう。
(さあ、これを聞いてどうする)
 取調室の前。山浦は頭を軽く叩いて姿勢を正す。
(芳岩幾斗。交換殺人サークルを崩壊させたのはお前だ)


〈月音〉
 ドアの向こう。
 月音は充分に背を伸ばして取り調べの刑事を待つ。
(今は仕方がない。権力《ちから》がないんだ。でもいつか必ず、ね)
 百太さんのように。


〈升形樹馬〉
「おかしいと思ったのは昨日」
 車の後部座席で、リュンは不遜に足を組んで説明した。
 病室で樹馬が怪盗カルビの正体について、

『他の人物の可能性を鋭意解析中』

「……と言った時でした」
 反応を見るリュンの視線、だが助手席で伏せる樹馬の顔は見えない。
「警察なら、プロバイダーにメールの送り主を開示させることが出来る。なのに『解析中』ってことは、ハッカーレベルの知識でカモフラージュされているってことです。『試食会』にはそんな人間は居なかった筈だ」
 ネット上で姿を隠し警察の腕を焼かせた小倉笑加も、そちら方面の腕は持っていなかった。
「『試食会』にはまだ隠れたメンバーが居るのか、それとも連中とは別の人間が怪盗カルビなのかーこんな大事なことを、技官のあなたが説明しないなんて有り得ない話でしょう?」
「そんなとこから……君は」
 絞り出された声。
「升形さんが帰った後、頓田様から捜査の情報漏れについて聞きました。もっとも頓田様はご主人様を疑っていたんですがな」
「……アンさんを?」
 膝の上で、樹馬の手が揺れる。
「俺はそんなことはないと信じてました。ただしこれは俺の感情的な願望で、頓田様の推論の方が合理的だったのは事実です」
 一斉逮捕の予定は捜査員には直前まで知らされなかった。当の頓田ですら聞かされたのは当日の朝だ。一方、
「うちのご主人様は警視殿で、しかも事件が解決しないと直接自分の責任になる山浦様たちより、自由な立場です」
 妹亜を疑うのは自然だった。
「ですが、もう一つ」
 樹馬たち技官は刑事以上に捜査状況は教えられない。だが名前や住所、メールアドレス等の生の資料は嫌でも目に入る。
「山浦様たちからいついつまでにこの調べを終えてくれ、と言われれば、逮捕の予定も想像がつく……以前に関わった事件で、鑑識の方がそんなことを言ってましてな」
 直接証拠を扱う分、下手な幹部より先に事件の真相を知ることもある、と。
「と頓田様にご注進申し上げて……後は知りませんな! 大人の社会の事はね」
 放り投げるような伸びをしたリュンの後を頓田が継ぐ。
「君が席を離れてすぐ職場に捜索を入れた。自宅にも家宅捜索が入っている。君が殺人サークルのメンバーに捜査情報を流した証拠は、すぐに発見出来たそうだよ」
 升形の上司からのメールが入った携帯を見る。
「君は用心深かったが、技官相手に騙し通せるほどのものではなかった、そうだ」
「…………わかってました、僕にも。いつかはこうなるだろうって」
「升形君。なぜこんなことをした」
 頓田の強い疑問だった。
「君は最初から『試食会』に内通してはいない。だったら連中はもっと上手くやっただろう。最初の予備校でのパソコン調査では、重要な手がかりを挙げてもいる」
 一方で「怪盗カルビ」の名義を使い、「試食会」の連中に繰り返し警告メールを出した。
 ネット上での出現が監視されていれば忠告し、一斉逮捕の前には全員にメールを送り付ける。警察の監視下にあったシュミットに封書を送り、彼が「怪盗カルビ」である傍証の工作まで行った。
「それどころか、葛理のメールが残っていたプロバイダーのサーバーに攻撃をかけて、損害を与えることまでしたんだ」
 それほど大きな社会的被害をこの青年が与えたことが、頓田には信じられない。



 目次 

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

小説へはこちらから
最新記事
最近の有無那
ボリウッド4のうち3つまでは見ました。あとは「きっとうまくいく」のみ。ついでにインド映画の御大アミダーブ・バッチャン、ハリウッド初出演の「華麗なるギャツビー」も見たいです…(7/9)
有象無象
連載メルマガ
現在連載中のメルマガはありません
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。