TOP > スポンサー広告 > title - ピンクのイルカが夢を見た 2-7TOP > ピンクのイルカが夢を見た > title - ピンクのイルカが夢を見た 2-7

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピンクのイルカが夢を見た 2-7

「塩矢君!! 桐生君たちと一緒にパロリンガンに行くって、本当なのかいっ?!」
 かなりのーおそらく本人にとっては決死のー勢いで立輪がかかってきた。
 初めての警察署に戸惑う暇もなかった。放課後、海に近い大通り沿いにある署を有人が訪ねると、立輪はロビーに立って待っていてくれた。
 三階の小さな部屋に招くや否や立輪が詰める。有人はさらっと認めた。
「八月の半ば過ぎに行きます」
 慶が夏休みにパロリンガンに行くと宣言した。

『まつみが僕にも、羽美ちゃんやお母さんお父さんにも何一つ言わないで行った所って、どんな所なのか、見て、確かめたい』

 羽美子も行くと言い、二人というのも都合が悪いので有人もと誘ってきた。梨々果には「うちは駄目」の一言で袖にされたという。どう反対されようと行く気だったが、幸い母は反対には回らず行けることになった。
「まずいよ! いや、塩矢君や瀬賀さんはいいんだ。だけど、ボクはそう思ってないけど、桐生君を疑っている刑事もいる」
 こんな時に出たら海外逃亡と間違えられる。慶を担当している刑事がいるはずだから、ちゃんと相談して、とさんざん言を尽くした。
「ところで、今日はこれを届けに来たんです」
 マーメイドで手に入れたプリントを渡す。一瞥してから、これはこちら《警察》でも把握していると立輪はあっさり返してきた。

『最近警察が、事件などの理由をつけて当会の会員の生活を詮索してくることがあります。地球を守り、愛と自由を広げる活動を苦々しく思っている企業や政府関係者などの嫌がらせだと思われます。すぐに教会に連絡をしてください』

「……警察は、マーメイドティアーズのことも調べてくれてるんですね」
「うん。言わなかったかな? 関係する所は全部調べてるって」
「まつみはマーメイドの信者でしたっ! ほら、この逆さ地図」
 ダイブゲートセミナーでもらったそれが、まつみの部屋からも出て来ていることを説明する。マーメイドの活動地域図でパロリンガンらしきところにピンが刺さっていたことも伝えた。
「なのに信者じゃないって言ってるんでしょう。絶対おかしいですよ!」
 立輪は顎に手を当て、少しの間考え込んだ。
「……ご協力ありがとう。でももう塩矢君はマーメイドからは手を引くようにね。必要もない」
 捜査の状況は本来外に漏らしてはならないから内緒だよ、と断ってから教える。
「引き続きマーメイドティアーズも監視してるけど、今は、松法さんの隠れた交友関係の中に犯人がいるのではと探し始めているところだ」
「だったらマーメイドの信者の中のまつみの知り合いが、ってことも考えられるでしょう」
「うーん、そうだね。可能性はある」
「どうしてもっとマーメイドを追及しないんですか! 前に立輪さん言ったじゃないですか! 人魚の涙は何があってもおかしくないグループだから気をつけろって」
 携帯が発見された時、立輪に山野ーピュアドルフィン経由での人魚の涙の話をした。その時立輪は、高校生にふさわしい団体ではないから関わらないようにと注意したのだった。
「それはそうだけど……殺人とはまた別だよ。今の代表になってから十数年、違法なトラブルがないのは確かだし……」

 有人は口をつぐんだ。立輪なら話が通じるかもしれないと思ったが駄目なようだ。
 誰に訴えたら、人魚の涙をきちんと調べてもらえるのだろう。
 あの子を……控えめに笑うあの子を殺した凶暴で凶悪な人間が、野放しになっている。それはあの団体の中にではないか。高校生の自分にもわかるほどあからさまに怪しいのに、警察も、マスコミも、何故誰も動いてくれない!
 立輪に連れられ、とぼとぼと署の階段を降りる。
「イルカのマスコット、まだ見つかってないんですよね」
 玄関で振り返って尋ねる。立輪ははっとしたように動きを止めた。
「ああ。あの、松法さんの携帯のマスコットだよね」
 しばらくほけっとしてから。
「……どうしてだろう、ね」

                    ※

 有人くん
 犯人探しは、何だかんだ言っても警察が一番得意だ。今、君たちに出来ることがあるのか、正直私には疑問だ。それでも何かしたいのなら、捜査の邪魔をしないようにその立輪という刑事さんによく相談しなさい。
 有人くん。君が本当にやりたいことは、クラスメートを殺した犯人を捜すことなのかな。
 それとも何を探そうとしているのかい。
                         成雨太

                   ※

 指定のアドレスにアクセスして、音声データをダウンロードした。先日のセミナーで教えられた人魚の涙の基本の祈りだ。
 しばらく部屋で聞いていてから、有人はイヤホンを引きちぎるように外した。
 間もなく夏休みだというのに、今夜は肌寒い。



 母なる海よ。あなたの恵みに感謝します。
 あなたは命の源。全ての命の母。
 生けるものは全てあなたから生まれ、あなたに還る。
 そのふるさとを汚す人間の一人のわたしは、あなたにあげる頭《こうべ》のひとつもありません。それでもあなたはやさしくわたしたちを抱いてくださいます。
 寛大なる海よ。どうかこのわずかな奉仕を恵みによってお受け取りください。
 わたしはあなたのご恩を忘れず、全身全霊でふるさとを守る一員となることを誓います。
 あなたの敵には嵐のように立ち向かい、波が浜辺を洗うように全て一掃することを誓います。
 生の全てをあなたに捧げ、愛と勇気と自由をもってあなたの元に立ち戻り、永遠に無邪気に遊び続けることを誓います。
 人魚様。
 イルカ様。
 どうぞわたしたちをお守りください。わたしたちに皆さまを守らせてください。
 偉大なる海よ。全ての始まりであり終わりである方よ。
 わたしはあなたを愛しています。




(第2部完。第3部へ続く)


 目次 

テーマ : ミステリ
ジャンル : 小説・文学

小説へはこちらから
最新記事
最近の有無那
ボリウッド4のうち3つまでは見ました。あとは「きっとうまくいく」のみ。ついでにインド映画の御大アミダーブ・バッチャン、ハリウッド初出演の「華麗なるギャツビー」も見たいです…(7/9)
有象無象
連載メルマガ
現在連載中のメルマガはありません
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。